ディヴィニティ(神性)


2020年6月15日


セラピーを学ぶと「神性」という言葉がよく出てくるのですが説明しろと言われるとちょっと難しくないですか?

「神様の質」「神格」。フランス語で「divinite」。英語だと「deity」。

私はあまりフランスに興味がないというか、どちらかというとあまり好きな感覚がないのですが、なぜか言語は英語よりはフランス語に惹かれてしまいます。

どちらにしても「神性」は「神そのもの」を表す場合と「神様の特質をもった存在」もしくは「その存在の持つ神様の特質」を表します。

神様は光そのものと言われているので、光のイメージとして「金色」や「白」でイメージされることが多いと思います。

でも、白の中にはすべての色が含まれているので、私たちはその白い光の中のどの部分がより強く輝いているのかを自覚してより強く輝かせていくことができれば、そこが自分の神性になるのだと思います。

私たちの存在は光そのものであり、チャクラは天と地を繋ぐ虹の梯子です。

自分の個性、強みを神性に変えて世界のために輝いていきましょう。

らぶ