breathとbless・ことからバージョン


2020年5月31日


小暮の個人サイトスペースアンジュの6月のテーマは「ブレス」

breath(呼吸)とbless(祝福)です。

呼吸法は瞑想やボディワークには不可欠なのでずっと取り入れてきていますが

当たり前すぎてあえてそこをメインに打ち出してこなかった気がします。

呼吸はスピリチュアル的な考察をすれば手放しと受け入れ。

私たちは毎瞬毎瞬、古くなって要らないエネルギーを手放し

新しく祝福に満ちたエネルギーを受け入れて生きているのです。

深く呼吸ができない人は意外と多くて、そういう方はまず吐くこと

つまり手放すことも苦手です。

いつも時代と共に辛いこと大変なことはたくさんあります。

その渦に巻き込まれている時は先が見えずに混乱し不安に陥りますが

時間とともに過去になったこともあるのではないでしょうか?

それを考えるとどんなに辛く苦しい時も永遠ではないと思うのです。

このところ、本当に眠れなくてほとんど頭が働いていなかったんですが

もう、思いっきりなすがままに過ごすことを自分に許しておりました。

これができつつあるのは新月の瞑想会で

自分のために作った「ことからアロマブレンド」のおかげだと思います。

ブレンドした精油は

  • ジャスミン
  • ティーツリー
  • ネロリ
  • フランキンセンス

面白いことにセラピーグッズ、ヒーリンググッズというものは

必要なものは自発的に欲して取り入れたくなるのです。

そしてある程度、心身ともに飽和状態になると意識が向かなくなります。

今回はクリームを創ったのですが、暇さえあれば身体に付けたくなるのです。

「ここ最近の自分」の場所にあったのはネロリですが

ネロリのテーマは

「自分に対して寛容になる」こと。

自分に対して何かしらの制限や束縛を作っていた自分がいるのでしょうね。

そして望む未来が「いらない制限を外す」

フランキンセンス。

先日も久しぶりに空の写真を撮った時に

「ああ、開放することを自分に許していない自分がいたなあ」と感じました。

向き合おうとしているテーマはジャスミンの「男女性の統合」と「創造性」なので

私の中の能動的なエネルギーと受容性のバランスの問題のような気がします。

私が「ことからアロマ」で精油を選ぶとかなりの確率でフランキンセンスを選びます。

それだけ「自己制約」が多いのかもしれないなあ。

そしてフランキンセンスは6月のテーマである「ブレス」呼吸を深くしてくれる

代表的な精油です。

今月は呼吸を通して自分の中に深く入る必要があるのかもしれません。

そんなことを想った今日のワタクシ。

6月は「ことからアロマ」も開催予定です。

精油は呼吸を助ける素敵アイテムの代表選手。

自分に必要な精油をかぐだけでいつもの呼吸より数段深い呼吸をすることを助けてくれます。

その「自分に必要な精油」を選ぶことを「ことからアロマ」は助けてくれます。

教材はスピリチュアルアロマ。受講生は20本入ったキットが17500円です。

メリットは今回の私の様に選んだ4本のうちネロリ・ジャスミン・フランキンセンス3本が高額な精油。

これを1本1本そろえるのはとても大変です。

でもスピリチュアルアロマキットの中には、この3本+ローズも入って

17500円です。

しかも、すべて1%濃度に希釈してあるので直に体に使うことが可能です。

このキット20本で精油の知識を学び、実際のセッションはドテラやヤングリヴィングを使うことも可能です。

精油を使ったリーディングと調整に興味がある方は

お気軽にお問い合わせください。

らぶ

ななこ

●ドテラの登録サイト

ドテラのオイルに興味のある方はこちら↓

https://www.mydoterra.com/espaceange/#/